BLOGGER ALL author_btn

STAFF

26
11月
2019

自然のパワーを共有した伊良湖デモツアー

 

11月末とは思えないほどの暖かくで心地よいオフショアの2日間・・・

こんな穏やかな天気とは裏腹に、しっかりとしたスウェルが押し寄せていました。

 

 

港の中でもブレイクしていたロコポイントですが、それでも沢山の方々が遊びに足を運んでいただき、海に入らない方もモデル相談やサイジング相談などでコミュニケーションとらせていただきました!

 

気になる新マテリアルや2020モデル。

このコンディションでサーフィンできるスキルの高いお客様はGo For It ! されていました!

話題の噂の「クロコダイルスキン」マテリアルでもテイスティング!

この掘れ上がる波質でもやれるんだぁ~!?といった感じでした。

 

 

遠くから来られた方も沢山いらっしゃり、皆様二日間ありがとうございました!

また毎回快く会場を開放してくださる地元の方々にも感謝感謝です。

 

 

18
11月
2019

波・天気・コンディション良好!千葉デモツアー

 

秋晴れの絶好のコンディションみ恵まれた千葉デモツアー2日間!

早朝から沢山のお客様にご来場いただくことができました。気になる新マテリアルを吟味する方、旬のSANMAモデルのサイジングを練る方、MEDIUM THE BRANDの80’sスタイル20/20に驚きを口にする方々、話題のモアカスタム仕様のRedBurnerTheAceを乗り比べる方・・・ などなど、多種多彩の方々がそれぞれの好みやスタイルに合わせながら今後の自分のサーフィンライフをイメージされていました。

 

シェイパー田嶋さんは、新マテリアルを自身で乗り比べ!

「楽しい~~~~!!!」と好感触の様子でした!

 

シェイパーVanksyは、ビーチ前で構え、ボードサイジングの相談や実際のライディングも細かくチェッキングしてました!

 

 

サーフボードメーカー、そしてファクトリーマン、ボード開発プロライダーチームと、お客様との貴重なセッションをこうして行えることは、とても貴重で大切な時間だと再認識できた2日間でした!

 

お手伝いいただきました皆様、デモツアーご参加の皆様、スタッフの皆さん、そして会場を開放していただきました地元の皆様、本当にありがとうございました!感謝感謝でございます。

 

 

15
11月
2019

世界が感動した”今治タオル”をノベルティーに!

 

2020モデル「カスタムオーダーフェア」開催にあたり、今季のノベルティーは”今治タオル”です。

 

世界が感動した”ジャパンクォリティー”の1枚・・・120年間もの間、タオルの聖地として産業が受け継がれた四国・今治。こだわりの職人と品質を守る基準。自然豊かな瀬戸内海で産まれるタオル。

 

これらの想いを乗せて、サーフィン時の着替えにも十分なサイジングをとり、吸水性を保証し、ジャスティスノベルティーとして完成させました。

 

■ 今治認定タオル:http://itia.or.jp/brand/quality.html

■ 日本の伝統色:鉛丹色・えんたんいろ

 

 

06
11月
2019

茨城TF CUPにて

 

皆さんこんにちは!

すっかり秋模様の千葉・茨城エリア・・・

海水温はまだ冷え切ってはいないので、空いてる海でサーフするのには良い季節到来ですね!

 

そんな日曜日、茨城・鹿島エリアにて「TF SURF」さんのファミリーカップへお邪魔してきました。チームの方々のほとんどがジャスティスサーフボードユーザー様で、新しいボードで試合に挑んでいる方が多く観られてハッピーな1日でした!Vanksy、Carroll、そしてバラクーダが人気ですね。

千葉同様、この茨城も一年を通してコンスタントに波があり、遠浅で、ビギナーからエキスパートまでが一年中楽しめる素晴らしいビーチブレイクです。そんな環境を活かし、レベルごとに分かれた各クラスごと、レベルが高かったです!!スペシャルクラスは全日本レベルですね。2020はジャスティスカップへ参加意欲がありありなので、とっても楽しみです!

 

ファイナルでは「プライオリティールール」も適応しながら行い、NSAや茨城サーフユニオンの大会の練習にもなっていてよかったです。

 

運営の方々は朝暗い中から、そして選手の方々、皆さんお疲れ様でした!

 

 

 

 

26
10月
2019

JPSA最終戦 千葉にて

 

一般的に言うと「クローズアウトコンディション」の中、日本を代表するトップサーファーたちによるJPSA最終戦が開催。こんなタフなコンディションで朝練する姿を見ると、「凄いな~っ!」と素直に言葉にでます。

 

見ごたえ十分の志田下ポイント!!

ジャスティスチームたちも健闘します!

また、掘れ上がる波質へのパフォーマンスボードの必要性もしっかりと感じました。

 

ここで最終戦となりますが、今年一年応援いただきました多くの皆様、ありがとうございました!

選手たちのフィードバックを活かし、次なる戦闘機の開発へも注力していきたいと思います。