BLOGGER ALL author_btn

KATSUNORI ITO

11
9月
2018

愛知な先週末

先週末は名古屋市緑区のディーラー ロコサーフさんの46回目を迎えるファミリーカップへ参加するため伊良湖エリアにオジャマしてました。

雨予報だった天気も夏晴れに変わり、波も程よく腰~胸サイズ、コンテストにはバッチリなコンディションでロコサーフコンテスト開催されました。

入賞、優勝された皆さんおめでとうございます!コンテストの合間で試乗してくださった皆さんありがとうございました。

2019先行各モデルも好評でした!

 

土曜日は豊橋市寺沢BRAIZ SURF 萩原健太プロ、田原市ロコポイントFORWARD SURF 鈴木勝大プロともボード開発ミーティングを兼ねたサーフコミュニケーションが取れ充実した伊良湖DAYでした!

絡んで頂いた皆さんありがとうございました。

今週末15日からは赤羽根ロングビーチにてISA 世界サーフィン選手権も開催される田原市!暑く、熱い平成最後の夏はまだ終わりませんね!!

 

 

 

16
8月
2018

台風13号サンサン RAD twin

平成最後の夏となる今夏は梅雨明けも早く、天気も良くてスウェルも豊富に届けてくれていますね!

先週の台風13号サンサンからの恵みのスウェルも最高でした!出社前の朝活ではRAD twinでパワフルな波を疾走させてもらいました。

シングルコンケーブから長めの4チャンネルが入っているパフォーマンスツインフィンRADは水の流れが速く、パワーのある波でのターンの伸びは格別でスピードを存分に体感でき、レールワークのコントロール性能も抜群です。

今シーズンはこれからの秋口にかけてもスウェルが豊富に届きそうな気配がします。

みなさん怪我の無いように気持ちの良いボードと一緒に恵みのスウェルをキャッチして楽しんで行きましょう!!

RAD twin 5’7”×19’ 3/4”×2’ 3/8” futures. K2 fiber glass

Photo//@stray_makoto ありがとうございます。

 

 

09
8月
2018

静岡磐田 J-SURF

先週末8/4,5と静岡磐田のJ-SURFさんイベントに参加してきました。

2019先行モデルやTECH EPSマテリアルなどを試乗して頂きながら皆さんとのセッションタイムを共有させて頂きました。

面ツル腰前後の波で各モデルのサイズ違いや、マテリアル違いを乗り比べたりしながら浮力感や推進力、動きの違いなどを体感して頂けたと思います。

海とサーフィンが大好きな皆さんが集い、刺激しあいながら楽しまれているJ-SURFさんクルー。今年も新たなお客様が増え盛り上がっておりました!

サーフィンを通した地域活性化や、静岡サーフィンカルチャーの発展にご尽力されているオーナー村松さんをはじめ、熱いJ-SURFの皆さん、今夏も灼熱セッションありがとうございました。

J-SURF Blog: https://ameblo.jp/team-j-surf/

 

 

26
6月
2018

日本限定モデル Chilli shape “BEAK BIRD”

 

次々と続いた梅雨前線上の低気圧からのスウェルも凪て、いつも通りの梅雨時季小波コンディションに戻ってしまった千葉エリア。

皆さま、気持ちのいいボードと一緒に、この時季の波楽しめてますか~

 

2019年先行リリースモデルの1つ、チリシェイプの日本限定モデル〝BEAK BIRD”

小波から中波までオールラウンドに乗りやすく、ターンの伸びに加え、レスポンスの良い動きとタッチがとてもいいフィーリングです!

 

写真は伊良湖ロコポイントでフォワードサーフを営む鈴木マサヒロが来千葉した際のサーフミーティング模様です。ライダー達との現場ミーティングは重要なファクター。

マサヒロ、ご機嫌ライド連発してました~  

今週末の千葉デモツアーにも同サイズのボードがラインナップされていますので、皆さまぜひお気軽に試乗されに来てください。

もちろん他のモデルもおススメです! お待ちしております!

 

Chillishape   BEAK BIRD  5’6”-19’ 1/2”-2’ 1/4”  25.6L

Photo by @iragoday

デモツアー&ビーチクリーンイベント~2019先行モデル発表!~

 

 

22
3月
2018

snowsurfers2018

先週末、3年ぶりに開催となった「snowsurfers2018」にプロモーション活動を兼ね選手として参加させて頂きました。 イベント前後は愛知、静岡のディーラーさんへ伺いながらサーフセッションもさせて頂き、全走行距離1215kmの内容濃い弾丸トリップに行ってきました。

 

 17日土曜日Day1は愛知伊良湖エリア谷ノ口ポイントにてサーフラウンドが開催。晴天のもと肩頭前後のサイズでレフトブレイクはチューブも出現するグッドコンディション!!ハードカレントがネックでしたがリズム良く波をキャッチした選手はポイントを出していました。 サーフラウンド オープンクラスを制したのはフォワードサーフを営むジャスティスプロライダー鈴木マサヒロ!オルタナティブRAD twin 5’3”でスピードとフロウを活かした美しいラインとカーブを描いてました!

 18日日曜日Day2は岐阜明宝スキー場にてスノーラウンドが開催。こちらも素晴らしい天気のもと運営スタッフによって事前に造り上げられたバンクでのタイムレース。バンク(地形)を上手く使ってスピードコントロールし、いかに早くゴールするかの総合滑走スキルが求められるシンプルなレース。スノーラウンド オープンクラスを制したのはボルコムインターナショナルプロライダーの増田塁揮くん! めっちゃ速かったです!!そして両ラウンドでの合計ポイントで総合優勝、snowsurfers2018 オープンクラスを制したのは海も山もバランスよく滑り込んでいる 真木ノア!!おめでとうございます!

 

私は…3年ぶりのゼッケンを着たもののサーフラウンド2で波を感じきれず、ポイント稼ぎが出来ずでした…(笑)  バラクーダ5’3” クアッドは絶好調でした~ バンクドスラロームはトップとの差3秒… 滑走技術を向上できるように楽しみながらトレーニングを積みたいと思います!

PS. この横乗りカルチャームーブメントのルーツは2010年にレジェンド真木蔵人氏と西田洋介氏の尽力によって「THE SNOW SURFERS」コンテストが発足され、前回の開催から第1回目の総合優勝者、星野徹氏が引き継いで開催されているコンテストです。海と山をこよなく愛するライダー同志のコンテスト、毎回良い刺激をありがとうございます。大会運営関係者、ライダーの皆様、楽しい時間をありがとうございました。

 

詳細はインスタグラム @snowsurfersjapan ぜひチェックしてみてください。

マサヒロのライディングはカラーズマガジンhttp://www.colors-magazine.com/?p=186231 チェックしてみてください。