世界初!! THE ROD FLEX/ザ・ロッドフレックス テクノロジー

2017.11.27 (月曜日) 10:51

 

 

=世界初!オリジナルカーボンマテリアル登場=

“THE ROD FLEX”

ストリンガーレスEPSをカスタムオーダーで!

注目度大「ストリンガーレスEPS x 新マテリアル」をジャシティスファクトリーが新開発!素晴らしいフレックスを生むこの構造は世界初の試みです。従来の「固さ」を取り除き、波のフェイスに張り付くフレックスは、まさに日本のパワーレスビーチブレイクにマッチング!バネの伸びがターンのスピードを向上させ、トップアクション時には足裏に吸い付くようにキレと瞬発力のある動きをサポート。イメージを体感へと変換させるこの新テクノロジー「ザ・ロッドフレックス」・・・ジャパンファクトリー「BBA」にて1本1本あなたのサイジングでカスタムメイドいたします。

Justice Factory newly develops the attention degree “Stringerless EPS x New Material”! This structure that produces excellent flex is the world’s first attempt. Flex that removes the conventional “hardness” and sticks to the wave’s face matches exactly Japan’s Powerless Beach Break! The extension of the spring improves the speed of the turn, and supports the motion with sharp and instantaneous power so that it sucks on the sole at the time of top action. This new technology “The Rod Flex” · · · · Japan Factory “BBA” that converts the image into a feeling one will make one by one in your sizing.

 


 

 

 

the ROD flex eps&carbon&handcraft / new tech / coming soon🇯🇵 @justicesurfboard #justicesurfboard #eps #epoxy #carbonfiber #madeinjapan #therodflex

therodflexjapanさん(@therodflexjapan)がシェアした投稿 –

 


 

*Check 1 !

= どんなテクノロジー?=

EPSブランクス x エポキシレジン x カーボンロッドマテリアル x ハンドメイド

センターストリーンガーで生じる中心の固さを取るための、ストリンガーレスブランクスをベースにし、ターン時に必要なレールへの加重を意識した構造となります。ターンのスタートからフレックスし始め、レールを抜くときバネのように作用します。

It is based on stringerless blanks for taking the solidity of the center caused by the center stinger, and it is structured conscious of the load on the rail required at turn. Start to flex from the start of the turn, act like a spring when pulling out the rail.

■詳しくはお近くのディーラーさんまで。

 

 

 

*Check 2 !

= どのモデル・シェイパーに対応なの?=

全てのモデル・シェイパーであなただけのカスタムメイドが可能です!

このテクノロジーサーフボードのもうひとつの特徴は「カスタムオーダー対応可能」ということ。皆さまそれぞれのサイジング・モデル・シェイパーで、お好みのロッドフレックスが完成となります。もちろんエアブラシ等のカラー・デザインカスタマイズも可能です!!

Another feature of this technology surfboard is that it is “possible to support custom orders”. Your sizing, model and shaper will complete your favorite rod flex. Of course it is also possible to customize color designs such as airbrush! !

■詳しくはお近くのディーラーさんまで。

 

 

 

*Check 3 !

= 気になる日焼けや注意点は?=

輝く白さをキープします!

EPS x エポキシレジンで気になるのが「日焼け」等のキバミなど取り扱いのこと。100%キバミしない!とはもちろん言い切ることは出来ませんが、外の日光の下で、他のどのPU(ポリウレタン)ボードよりも輝く白さを保持します。どのサーフボードにも同じ事が当てはまりますが、夏の暑い車内等へのボード放置や、長時間直射日光のあたる場所への放置等はやめておきましょう。人も動物もサーフボードも、皆それらは苦手ですから。

What is worrisome about EPS x epoxy resin is handling such as “sunburn” such as “lamb”. 100% do not crawl! Of course we can not say it, but under the sunlight outside holds the whiteness that is shinier than any other PU (polyurethane) board. The same thing applies to any surfboard, let’s not let the board leave in a hot summer car, leave it to a place where it will be exposed to direct sunlight for a long time. People, animals and surfboards are all weak.

■詳しくはお近くのディーラーさんまで。

 

 

 


 

*Let’s Order Fair !

= 特典と標準仕様=

◎テールカーボン標準仕様

◎テールカラーサービス!

2018カスタムオーダーフェア期間中特典として、写真にありますフリーハンドのテールカラーをご希望の方へチャージFREEでサービス対応いたします。ぜひあなただけのサイジングで、お好きなカラーリングで、ぜひあなただけの1本を!!

オーダーフェア詳細ページ ←こちらから